« Yahoo!アカウントが一時利用停止に? | トップページ | 日本語の言語ファイルをアップしました。 »

2018年4月20日 (金曜日)

OpenLiveWriterの日本語化一応完成!

Windows Live Writerの開発が終了し、その後継である
Open Live Writerを使用していましたが、英語版しかなく
メニューバーは日本語なのに他は英語の表示で少し気になっていました。
さほど難しい英語でもなくアイコンもあり表示もWindowsLive Writerとさほど変わらないので普通に使えますが、やはり日本語表示の方が馴染みますよね。
事の始まりは、昨年の12月ごろブラウザでWEBサイトを見ていたら「Open Live Writerの日本語化は出来ないの?」と言う書き込みを見かけました。その質問には「難しい!」「やってみたけど駄目だった。」という回答しかありませんでした。
私も以前から「Open Live Writerの日本語化」で検索して見ても情報が無いし成功例も見かけません。
恐らく、日本語化と言う面倒な事をしなくても普通に使えるので英語版のまま使用されている物と思います。
誰もやらないなら「私がチャレンジしてみようかと!」思い立ったのが事の始まりです。
前置きが長くなりましたが、日本語化したOpen Live Writerのキャプチャー画像が下の物です。

Open_live_writer_ja_2


言語ファイルの殆ど全てを日本語に翻訳しましたのでツールバーやヒント、アラートも日本語になっています。
画面を一見するとツールバーやメニューバーの項目が少ないので翻訳する言語ファイルは少ないように思えますが、実は1000行以上あり翻訳自体も大変でした。
多言語対応のWindowsアプリケーションの翻訳作業は初めての事なので情報を得るために色々と検索し試行錯誤を繰り返していましたが、解決のヒントになったのはこちらのサイトでした。
GitHubで中国の方が「中国語版のOpen Live Writerが欲しい!!」との問い合わせにに対応されたものです。
簡単に説明すると、GitHubよりOpen Live Writerのソースファイルを入手し、その中にある2つの言語ファイルを編集しコンパイルしビルドして出来たOpenLiveWriter.Localization.dllをオリジナルの物と入れ替えればOKと言う事です。
日本語化したdllファイルを欲しい方も居られると思いますので後日クラウドにアップしようと思います。

|

« Yahoo!アカウントが一時利用停止に? | トップページ | 日本語の言語ファイルをアップしました。 »

コメント

コメントありがとうございます。
ストアアプリの OpenLiveWriter には、「app-0.6.2」フォルダが無いとの事ですが、通常のWindowsアプリケーションとストアアプリとではプログラムとしては別物と考えて頂いた方が良いかと思います。
ストアアプリは、UWP (ユニバーサルWindowsプラットフォーム) アプリとしてプログラムされていて動作環境も異なります。
簡単な説明は、https://blogs.msdn.microsoft.com/chomado/uwp/what-is-uwp/ を参考にして見てください。
ストアアプリのOpenLiveWriterも日本語化は不可能ではないと思いますが、ソースファイルが公開されていないので難しいかも知れません。
私自身がUWPアプリに関しては良く知りませんし作成した事もありません。

投稿: Kisanuki | 2018年8月22日 (水曜日) 21:29

ストアアプリの OpenLiveWriter では AppData にOpenLiveWriter のご指定のフォルダ「app-0.6.2」フォルダを見つけることができません。
ストアアプリからのものでも日本語化が可能でしょうか?

投稿: 井上哲朗 | 2018年8月22日 (水曜日) 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68549/66631469

この記事へのトラックバック一覧です: OpenLiveWriterの日本語化一応完成!:

« Yahoo!アカウントが一時利用停止に? | トップページ | 日本語の言語ファイルをアップしました。 »